ちびっ子恐竜博士

  • 2010.03.05 Friday
  • 13:06
何を隠そう尉川太尊は恐竜大好きな子どもだった。昔、クイズグランプリちびっ子恐竜博士大会の地区予選でテレビへの出場権を得たこともある。残念ながら、テレビでは小学校5年生が出場したため、小学校4年生だったボクはテレビ初出演が果たせなかった。


当時と比べれば今の恐竜研究もかなり進んでいて、昔の知識などほとんど役に立たない。ボクが小学生の頃は、ティラノサウルスやアロサウルスなどの肉食恐竜は、尻尾をゾロゾロと地面に引きずりながら歩いていたとされていて、挿絵も不格好なものだった。


しかし、現在は骨格の研究が進んで、後ろ足の付け根を中心点にして上半身と尻尾でバランスを取りながら歩いていただろうとされている。10年以上前に観た「ジュラシック・パーク」の衝撃は今でも忘れられない。


さて、そんな恐竜なんだけれども、昔から「恐竜絶滅説」についてはさまざまに諸説が入り乱れていた。宇宙人が来たという説、急激に寒くなったので死に絶えたという説、種としての期間を全うしたという説、実にさまざま。


その中で現在もっとも有力だとされているのが、隕石衝突説だ。手塚治虫さんが翻訳した「恐竜はネメシスを見たか」では、惑星ネメシスが地球に衝突して恐竜が絶滅したという内容が書かれていた。


そんなさまざまな学説や研究に一応の決着をつけるニュースがこの衝突説。これで恐竜絶滅説が決着するか、はたまた新説が飛び出すか、元恐竜ファンとしては興味がつきないところ。


数億年間に渡って地球を闊歩した恐竜が、ある時突然いなくなったというのもミステリー。決着がつくのは嬉しいけれども、つかずにいて欲しいとも思うニュースである。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

  • 2017.02.07 Tuesday
  • 13:06
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
         
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    たったひとつの小惑星の衝突で恐竜絶滅。メキシコにある「チチュルブ・クレーター」は直径約15キロの小惑星の衝突した痕跡だそうだ。衝突エネルギーは、広島に落とされた原爆の10億倍!衝突地点付近の地震の規模はマグニチュード11以上!津波は高さ約300メートル!
    • にたろうの退屈な日々
    • 2010/03/06 12:29 AM

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
    << February 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • なぜ、スマホを操作する姿は美しくないのか?
      novski (09/20)
    • 発掘! 梶原皇刀軒さんと中村泰三郎さんによる抜刀の妙技!
      尉川太尊 (11/02)
    • 発掘! 梶原皇刀軒さんと中村泰三郎さんによる抜刀の妙技!
      seno (10/31)
    • 江戸幕府の方が日本政府よりも格段に優れていたような気がしてきたんですが……
      ikawa (07/24)
    • 江戸幕府の方が日本政府よりも格段に優れていたような気がしてきたんですが……
      koizumi (07/14)
    • ぼのぼのを理解する脳を手に入れること
      尉川 (02/29)
    • ぼのぼのを理解する脳を手に入れること
      なめ (02/28)
    • ノルカソルカの月形町、福岡と北海道を繋ぐ月
      尉川 (02/17)
    • ノルカソルカの月形町、福岡と北海道を繋ぐ月
      haichaolu (02/16)
    • ブラタモリ風:福岡城赤坂門を探せ
      尉川 (02/15)

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM