スポンサーサイト

  • 2017.02.07 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
         
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ブラタモリ風:福岡城赤坂門を探せ

    • 2012.01.10 Tuesday
    • 19:42
     古地図に興味がある方にはおもしろい記事だと思うけれども、興味のない方は面白くもなんともないだろうからスルーにて。いや、実際に興味のある人なら目を輝かせるような話だけれども、この大発見を興味も全くない知人に熱く語ったところ、「ふ〜ん」で終わってショックだったので……(苦笑)。


     随分前から福岡市中央区にある赤坂の名前の由来になった「赤坂門」はどこにあったんだろうと独自に調査を続けていたが、このほどやっと場所をピンポイントで特定することができたのでご報告する。まずは下の福岡城周辺の古地図をご覧いただきたい。


     画面中央の島のようなものが福岡城。城を囲っているのが水堀である。地図上部の堀の一部は今でもある。また画面左の大きな堀は現在は大濠公園になっている。そして今日のポイントの「赤坂門」はどこにあるかというと、地図の右端に水堀が切れてクランク状になっているところがあるが、そのクランク部分にあるのが赤坂門である。この地図は上が北(昔の地図は必ずしも上が北とは限らない)なので、この赤坂門は東西に門が開いている門だったことが分る。


     
     クリックすると大きな画像


     そして、GoogleMapでその赤坂門辺りを示したのが下記の地図。いったいどこが赤坂門だったか分るだろうか? 興味が湧いた方は一緒に考えてみよう。地図の中程にある「スコーレ赤坂」と「サンシャイン赤坂」の間を走る一本の道。この道の西側(左側)に平行して走る短く細い道。こいつだ! こいつが犯人だ! こういう一見すると意味のない道は旧い道であることが多い。つまり、この南北に走る細い道が古地図のどの道であるかを探ることで古地図と現代地図をすりあわせていくことができる。


    大きな地図で見る


     勘の良いあなたはもう分ったハズ。そう、この南北に走る細い道が昔の赤坂門を出て北に抜ける道である。ということは赤坂門はこの南北に走る小道の南端に東西に門を開いてあったということになる。また、スコーレ赤坂からダイヤモンドイトウに至る南北の道は新しい道路であることが分る。


     そして、その同じ道なのだけれどもスコーレ赤坂からアドバンス赤坂前を通って南(画面下側)に走る道は江戸時代からあった旧道であることも分るのである。事実、地図真ん中やや左にある九電赤坂変電所の一画には「この辺りに赤坂門の遺構があった」という案内板がこっそりと出ている。この辺りでは分らないので脚を棒にして探していたのだが、やっと赤坂門に出会うことができたので感無量。



     赤坂門を抜け城内(北向き)に向かう旧道の現在の様子



     さて、では次の旧道を探してみよう。下記のGoogleMapをご覧いただきたい。さきほどのスコーレ赤坂からアドバンス赤坂前を通り南(画面下側)へ走る道を南に下っていくと、赤坂ビアレという建造物で西(左)に折れ曲がる。そこからまっすぐ西へ進むとクランク状に二度折れ曲がるのが分るだろうか。


     では、これを先ほどの古地図でみてみよう。古地図の赤坂門からまっすぐに南下して堀端で西(左)に折れ曲がっているのが分るだろうか。この西(画面左)に向けて折れた角に現在建っているのが赤坂ピアレである。そこからまっすぐに西(左)に進むと古地図もクランク状になっている。つまり、これも旧道である。昔の人達が歩いた古い道というわけだ。城下に新鮮な魚を売りにきたボテフリが歩いていたんだろうな。



    大きな地図で見る


     以下は、参考までに別の古地図でみた赤坂門周辺と堀割りの様子。


     ちなみに、現代の地図にある大正通り(南北に走る大きな道路)は昭和になってから新しく作られた道路なのだが、これはまた今度ご紹介することにする。また、GoogleMap上の市立中央体育館前道路、市民センター体育館信号交差点、赤坂郵便局前信号交差点のラインは福岡城水堀の堀端である。今は埋め立てられて堀は跡形もない。ちなみにこの水堀はみなさんもよくご存知の中洲まで続いていたので、昔は猪牙舟にでも乗って夜遊びにでも行けたのだろう。そんなことを想像するのもまたロマンである。


     一見すると何の意味もないような道は旧道であることが多いということで、みなさんの街で人知れずたたずむ小道のルーツを探してみるのも、楽しい街歩きになるかも知れない。ぜひ、どうぞ。


     
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサーサイト

    • 2017.02.07 Tuesday
    • 19:42
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加
           
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      今日は。
      明治通りに路面電車が走っていた頃は、「赤坂門」電停がありましたね。
      「鍵型」の道はおそらく城からの通り道だったのでしょう。
      中央図書館には時々行きますので、今度行く時には寄り道をして、変電所と鍵型道路を注意して見てみます。
      • haichaolu
      • 2012/02/15 11:09 AM
      haichaoluさん
      こんにちは! 西鉄貫線の赤坂門電停ありましたね。といっても、私もまだ子どもでしたので、それほど明確な記憶があるわけではないのですが、花電車などははっきりと記憶しています。旧赤坂門の一画は、隅田主膳のお屋敷があったようですから、広いお屋敷だったんですね。

      ご存知かも知れませんが、大名おほり通りの中央区役所の裏手に昔の堀端の石垣がそのまま遺っていますので、ぜひお立寄下さい。
      • 尉川
      • 2012/02/15 3:09 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • なぜ、スマホを操作する姿は美しくないのか?
        novski (09/20)
      • 発掘! 梶原皇刀軒さんと中村泰三郎さんによる抜刀の妙技!
        尉川太尊 (11/02)
      • 発掘! 梶原皇刀軒さんと中村泰三郎さんによる抜刀の妙技!
        seno (10/31)
      • 江戸幕府の方が日本政府よりも格段に優れていたような気がしてきたんですが……
        ikawa (07/24)
      • 江戸幕府の方が日本政府よりも格段に優れていたような気がしてきたんですが……
        koizumi (07/14)
      • ぼのぼのを理解する脳を手に入れること
        尉川 (02/29)
      • ぼのぼのを理解する脳を手に入れること
        なめ (02/28)
      • ノルカソルカの月形町、福岡と北海道を繋ぐ月
        尉川 (02/17)
      • ノルカソルカの月形町、福岡と北海道を繋ぐ月
        haichaolu (02/16)
      • ブラタモリ風:福岡城赤坂門を探せ
        尉川 (02/15)

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM