あけましておめでたふございまする

  • 2015.01.09 Friday
  • 12:32

 平成27年、2015年、皇紀2675年。 新年、明けましておめでたふございまする。本年がみなさまにとつてさらに輝きに満ちた年となりますやう、心からお祈り申しあげる次第でございまする。


 さて、こちらのブログなんと昨年8月から未更新。私の中では一段落ついたブログなので最近は完全に放置プレイ状態だったのだが、それでも日に600から700のアクセスがある。個人ブログを放置した割にはなかなかのアクセスをいただいているので、たまには更新してみるかと思った次第。


 そういえば、数年前から近所にパン屋さんができ、これがなかなかの大繁盛。出勤や通学前の方々をはじめ、店の前に路駐して買う人やお子さんを後部座席に乗せて来店するチャリママなどでいつもいっぱい。ほう、そんなにおいしいのかと……。しかし、私は行列を信用しないので、しばらくシカトしていたのだが……。


 そうこうするうちに、ある人から「あそこのオーナー、私の知り合いなんだけど、もう2店舗を出店するんだって。4000万円のマンションもあっという間に繰り上げ返済しちゃったんだって。あのパン、おいしいもんね」と言って、私にそこのパンを差し入れてくれたことがあった。


 ほほ〜これがあの噂の行列の絶えぬパン屋のパンかと。期待に胸を膨らませて食べてみると……。


 塩素臭い……。


 おいおい、マジかと。マジなのか……と。おめえらこの塩素臭いパンをおいしいと食べているのかと。あたしの目が点になったことは言うまでもない。見た目は上手に作ってあり、味も濃いめ。また、全体的にパンとしてのセンスはいいかも知れないけれども、決定的なのが水。おそらく水道水をそのまま使って生地を練り込んでいるんだろうという厨房裏の姿が丸分かりという有り様。


 大丈夫か、日本人の舌は……。


 最近は中国から工場を日本国内に回帰させようという企業も続々と出始めたらしい。中国産というだけで粗悪品というイメージは今や完全に定着した。4年ほど前、探して選ぶ Made in Japan の製品という記事をこのブログで書いたことがある。当時は中国産全盛期で、国産を探して買うことは非現実的な戯言であると言われていた時代だ。


 しかし、今やモノづくりは日本に帰ってきつつある。我々消費者が欲しているのは信用がおける品質である。そしてそれこそが日本国産品が持つ価値なのだ。そうやってV字回復を遂げている企業も数多い。


 パンひとつと侮るなかれ。生地に練り込む水にも細心の注意を払って欲しいと思いつつ、塩素パンを喉に落とし込んだ昨年の暮れ。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆる『従軍慰安婦問題』が崩壊した

  • 2014.08.09 Saturday
  • 10:03

 いわゆる『従軍慰安婦問題』について朝日新聞が、30数年前の記事の誤報を認めた。今回、朝日新聞が間違いを認めたのは次ぎの3点だ。


 1)慰安婦を強制連行したとする吉田清治証言を虚偽と判断して、記事を取り消したこと。

 2)女性を戦時動員した女子勤労挺身隊と慰安婦を同一視した記事の誤りを認めたこと。

 3)朝鮮や台湾では「軍などが組織的に人さらいのように連行した資料は見つからなかった」と認めたこと。

 
 これまで『従軍慰安婦問題』の根拠となっていたのは朝日新聞の記事だったのだが、その当該記事がデタラメだったと朝日新聞自身が認めたわけなので、このいわゆる『従軍慰安婦問題』は崩壊した。


 一時期、安倍政権は、「河野談話を見直さない」としており、この点については私も「なぜだろう」と理解できなかったのだが、結果として満を持して……というアプローチなのかも知れないなと今回は感じた。拙速せずに万全を期して河野談話を撤回して、安部談話にまで持っていく。これは万に一つの失敗も許されないため、しっかりと地歩を固めて詰め将棋のように詰めていく作業である。改めて、安部政権を支える参謀たちの頭の良さを痛感した。


 できれば、こうした経緯を英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語、中国語、朝鮮語で広報していただきたい。手に取りやすく読みやすいリーフレット、漫画などを使って子供でも理解できる内容にしたもの、学校教育者向けのものなど多重多層なアプローチで、誤りの認識を周知徹底していただきたいものだ。


 この問題は根元から崩壊したけれども、この誤情報が韓国のディスカウントジャパン運動などの組織的反日プロパガンダによって世界で独り歩きしているので、この火消しの活動は今後も力強く継続していく必要がある。安倍政権の今後に期待する。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

JUGEM公式ファイル改竄により要注意

  • 2014.06.02 Monday
  • 12:04

JUGEMから次のような公式アナウンスがありましたのでお知らせをしておきます。


2014年5月24日(土)未明〜5月28日(水)12時ごろまでの間に
JUGEMブログやJUGEMポータルサイト閲覧した際、ウィルスに感染した恐れがあります。
お客様の安全のため、対応と注意喚起のご協力をお願いいたします。



本件につきましては、こちらのお知らせブログで詳細な情報を手に入れることができるそうです。また、対処方法としては次の通りとなるようですので、お心当たりの方はご対応、よろしくお願い致します。


以下、JUGEM公式アナウンスから転載。


<対処方法>

【ウィルス対策ソフトを最新バージョンにしてください】

ウィルスは毎日更新されるため、古いバージョンをご利用の場合には、
対象のウィルスを検知できないことがあります。
ウィルス対策ソフトが最新バージョンになっているかのご確認をお願いいたします。


【ウィルス対策ソフトでPCをフルスキャン】

ご利用のPCにインストールされているウィルス対策ソフトでPCをスキャンしてください。

ウィルス対策ソフトをインストールされていない方は無料のウィルス対策ソフトの
ご利用をお勧めいたします。

◆ノートン・インターネットセキュリティ(30日無料体験版)
http://www.symantecstore.jp/trial/


【Flash Playerを最新版にアップデート】

安全な最新バージョンへアップデートをお願いします。

◆Flash Playerダウンロードはこちら
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/


【もしウィルスが見つかってしまったら?】

今回の改ざんで使用されたウィルスは複数存在し、一部はネットバンキングの情報を
悪意ある第三者へ送信する機能を備えております。


以下の手順を確認して、ひとつずつ順番に対応をお願いいたします。

(1)ウィルス対策ソフトで駆除を行います。
(2)駆除が完了したことを確認したら、再度フルスキャンを行います。
(3)ウィルスが検知されないことを確認し、すぐにネットバンキングのパスワードを変更します。




以上となります。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

呆れ果てたウェブサイト制作業者

  • 2014.05.23 Friday
  • 09:21
 うちと縁がある地方のあるお店がウェブサイトを作ることになった。なったというのも、随分と昔の話で、この話が持ち上がったのは2〜3年前だと記憶している。出来たかなと思ってチェックしてもなかなか完成しておらず、このところやっと出来上がった様子だったので、担当の方に話を聞いてみた。


 まあ、結論から言うとサイト作成業者のデタラメぶりに空いた口が塞がらない。

 ・ 高齢の社長代理に内容をよく理解をさせないままの見切り発車。
 ・ 充分なリサーチも話し合いもせずに店舗のコンセプトと真逆の通販サイトを作っている。
 ・ 当初は売上の20%をロイヤリティとして渡すという口約束が、
   なぜか「他社は毎月最低20万円以上は払っているんです」と間接的に請求。
 ・ 担当者と社長で言うことがまったく異なる。
 ・ 老舗の実店舗で何十年も営業してきた店に「楽天」に出店して営業しましょう等と執拗に迫る。
 ・ こちらがそれをNOと応えると「やる気があるのか?」と嫌みを言われる。
 ・ 2〜3年の間、サイト制作は断続的で放置期間も長期
 ・ 知人の紹介だからということで意味不明の値引き数十万を差し引き、
   サイト制作料40数万円を請求。
   ただし、制作費の内訳は一切なし。


 なによりも驚いたのは、サイト制作に関してはまだしも、継続的に業務委託(制作業者が商品を受注してクライアント会社に発注し、ロイヤリティを得るというもの)が発生するにも関わらず、その会社が業務委託契約すら結んでいないということに呆れてしまった。


 私が知人の担当者に「社長と契約書は交わしてないのか?」と尋ねさせると「ウェブ業界では契約書などは作らないのが慣習。どこも作ってない」などと言い出す始末。売上の何%を継続的に支払うというような業務委託の場合、始める時期、終わる時期、報酬のパーセンテージ、専属的合意管轄裁判所の明記などは明確に契約書として文書化しておくのは当たり前。地方独特の商慣習というか……いや、地方でも契約書は当たり前だろう。


 サイト制作会社がクライアントのウェブサイトに自社のコピーライトを堂々と単独で表記していたことにも驚愕。クライアント会社との併記ならまだしも、制作会社が単独でコピーライトしているなんて見たことがない。さらに、制作実績のサムネイルには、その老舗のお店があたかも、そのサイト制作会社の自社ブランド事業と誤認させるかのような表記すら書いてある。

 
 


 


 ということで、困り果てた知人の会社から依頼があれば、私も文句のひとつでも言ってやりたいところだが、相手がごねるようなら消費者センターに相談してみてはと助言した次第。


 まだまだこんな制作業者がいるのかと呆れ果てました。しかし、業務委託契約も結ばずに業務を請け負う会社っていったいどんな……??www

 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリースマホ&携帯、いいんじゃない?

  • 2014.04.11 Friday
  • 11:07
 割とマジでSIMフリースマホを考えたりしている。個人的には日本ではユーザー数が少ないBlackBerryとか。これにBICSIMの通話サービス付きのみおふぉんを挿して使うなら、格安SIMフリースマホが完成するじゃないか。あえてBBにするのは、使ってる人が少ないからで、みんなが使っているのは嫌なのね(笑) 普通にキャリアから買うと高いしね。だから、通話ならガラケー。スマホ欲しいならSIMフリーを別に一台持つってのが、やはりこれからのテッパンじゃないかな。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • なぜ、スマホを操作する姿は美しくないのか?
    novski (09/20)
  • 発掘! 梶原皇刀軒さんと中村泰三郎さんによる抜刀の妙技!
    尉川太尊 (11/02)
  • 発掘! 梶原皇刀軒さんと中村泰三郎さんによる抜刀の妙技!
    seno (10/31)
  • 江戸幕府の方が日本政府よりも格段に優れていたような気がしてきたんですが……
    ikawa (07/24)
  • 江戸幕府の方が日本政府よりも格段に優れていたような気がしてきたんですが……
    koizumi (07/14)
  • ぼのぼのを理解する脳を手に入れること
    尉川 (02/29)
  • ぼのぼのを理解する脳を手に入れること
    なめ (02/28)
  • ノルカソルカの月形町、福岡と北海道を繋ぐ月
    尉川 (02/17)
  • ノルカソルカの月形町、福岡と北海道を繋ぐ月
    haichaolu (02/16)
  • ブラタモリ風:福岡城赤坂門を探せ
    尉川 (02/15)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM